プラズマとは何ですか?

プラズマは物質の第4の状態です。
私たちは通常、物質の三態(固体・液体・気体)を考えます。
例えば水の場合、これら3つの状態が氷・水・蒸気です。

これらの状態の間の差は、それらの相対的なエネルギーレベルです。
氷へ熱の形でエネルギーを加えると、氷が溶けて水となります。
この水により多くのエネルギーを加えると、水が蒸発し、蒸気になります。

この蒸気に更に多くのエネルギーを加える – 約11,700°Cに加熱
蒸気はいくつかの構成要素ガスに解体され、電気伝導性になるかイオン化されるようになります。
この高エネルギーにイオン化されたガスがプラズマと呼ばれています。

プラズマ切断装置は、ワークにエネルギーを転送するためにプラズマ流を使用します。
プラズマ流は、一般的に窒素、酸素、アルゴンあるいは空気を狭いノズルから強制することによって形成されます。
外部電源で発生される電流はイオン化するために十分なエネルギーをガス流に加えます 。そして、40,000˚ F に近い温度でプラズマアークに変えます。
プラズマアークは融解した金属を吹き飛ばし、切断していきます。

Hypertherm,Incウェブサイトから引用

plasma