切断機など金属加工に最適な製品を提供する【株式会社アイテール】コラム
コラム

ロボット切断機を導入しよう!自動機の種類 型鋼などを切断するプラズマ切断機システムを提供

日本の工場は、まだ自動化が進んでいない部分があります。しかし、今後はどんどん自動化、省力化が進んでいくでしょう。ロボットは壊れない限り働き続けられるので、工場の生産効率を上げるためには、自動化が欠かせない要素になります。

こちらでは、ロボット切断機を導入することのメリットや導入するべき理由、そして製造業で使用されている自動機について解説をしていきます。これから工場の自動化をお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

H型鋼やL型鋼など様々な素材の切断を自動化!ロボット切断機を導入すべき理由とは?

Automates cutting

日本のものづくりの現場は、急速に自動化、省力化へとシフトしています。この理由は明確で、単純作業や重労働を行うための労働力確保が難しくなっているからです。どれだけ人間が作業効率を上げたとしても、24時間動き続けることができる機械にはかないません。生産効率を上げるためにも、工場の自動化や省力化は必須なのです。

そこで必要になってくるのがロボットです。特に工場において切断という工程が必要な会社は多いでしょう。ロボット切断機は、その作業をすべて自動で行ってくれます。手動で行う必要がないので、ヒューマンエラーなども起こりませんし、切断に誤差が生まれることも少なくなります。何より、作業を非常にスムーズに完了できるため、ロボット切断機の導入はメリットばかりなのです。

株式会社アイテールでは、ロボット切断システムを提供しております。プラズマ切断やガス切断、ウォータージェット切断など様々な種類の切断方法にあわせたシステム提供が可能です。工場における穴あけや型鋼などの切断、溶接などを自動で行いたいという方は、ぜひ株式会社アイテールにご相談ください。

製造業で使われている自動機の種類

Types of automatic

製造業で使われている自動機には様々な種類があります。主な自動機をご紹介します。

組み立て装置

ネジ締めやカシメなどを主に行い、仕掛け品を組み合わせることが大きな役割となります。

加工装置

材料を指定された大きさや形状に加工するために使用されます。穴をあけたり、型鋼を切断したりするのはこの加工装置に分類されます。ロボット切断機もこの加工装置の一種です。

検査装置

工場で生産した商品を規定の基準に適合しているかどうかを判断するための装置です。細かい大きさなどが重要になる場合は、人間の目で基準を満たしているのかを判断するのが非常に困難です。そのため、先ほどの組み立て装置や加工装置とは異なり、この検査装置は最も自動化が進んでいます。ほとんどすべての工場で、何かしらの自動検査装置が導入されているでしょう。

株式会社アイテールでは、型鋼、平板、パイプなどを切断するためのロボット切断機の導入相談が可能です。ロボット切断システムの他、プラズマ切断機本体や、プラズマ切断機の使い勝手が広がる開先ガイドや円切断ガイドなどの各種アクセサリーも種類豊富に取り揃えております。自社の工場の自動化を進めたいとお考えの方は、ぜひロボット切断機の導入をサポートする株式会社アイテールにご相談ください。

ロボット切断機の導入をお考えなら型鋼などの切断に適したプラズマ切断機などを提供する株式会社アイテールにご相談を!

工場は自動化できる箇所を自動化し、最低限の人数で稼働するのが一番効率的です。切断の工程は危険が伴いますし、労力も使います。従業員の安全を守り、ライフワークバランスに優れた豊かな職場を作るためにも、工場を自動化することが非常に重要といえます。

株式会社アイテールでは、型鋼などを切断するプラズマ切断機対応のロボット切断システムなどを提供しております。プラズマ切断の他、ガス切断やウォータージェット切断など様々な種類に対応可能なロボット切断システムのご提案も行えます。工場の自動化をお考えならぜひ、株式会社アイテールにご相談ください。

ロボット切断機の導入をお考えなら、株式会社アイテールにご相談ください!

会社名 株式会社アイテール
住所 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目17−5 スチュディオ新大阪839号
電話番号 06-6195-4755
FAX番号 06-6195-4766
メールアドレス info@is-tail.com
URL http://www.is-tail.com/
Copyright(c) 1999 Is-tail Co.,Ltd. All Rights Reserved.