picture3

【溶接新報6月12日号】

切断特集

シンプル構造で30%コスト削減!

ポータブルCNC切断機

「NcPorta・Cruiser mini」発売!

(アイテール)

ロボット切断システムやプラズマ切断機、切断用CAD/CAMシステム等を販売する㈱アイテール(大阪市東淀川区東中島1―17―5、☎06―6175―4755)は、ポータブルCNC切断機の新製品「NcPorta・Cruiser mini(エヌシーポータ・クルーザーミニ)」を発売開始した。
「NcPorta」は、ガス・プラズマ切断に対応し、小さくても高精度・高機能な切断加工ができるコストパフォーマンスに優れたポータブルCNC切断機として有名。ガス切断機または、米国・ハイパーサーム社製のエアプラズマ切断機「Powermaxシリーズ」との組み合わせで高速切断を実現し、鉄工関係を始めとする幅広い業種で採用が進んでいる。
今回発売した「Cruiser mini」は、従来のアルミフレームをスチール製に変更して筐体設計を更に堅牢にした他、駆動もステッピングモータからサーボモータに変更する事により、動作の正確性と安定性が増し、高速走査でも滑らかな動きを実現している。また、今まで3種類あったモデルもこの1モデルの直販モデルに限定、有効切断範囲の仕様も幅1000×長さ1500㎜サイズに統一して装置の搬送・搬入をし易くした。購入時にガス切断かプラズマ切断かに用途を限定する設定に変更した他、その他の仕様もシンプルな構造に変更する事により、在庫コスト削減と短納期並びに設置におけるイニシャルコストを大幅に引き下げる(従来機より30%プライズダウン)事に成功した。装置の故障でメンテナンスが必要な際も、装置を同社宛に送れば、代替機を宅配便等で送って迅速に対応する事が可能になり、稼働停止による操業への影響を大幅に軽減するとともに、訪問修理等が不要で、余計な経費負担も抑える事が可能となった。
切断形状の設定等は、従来機と同様に、装置内蔵の標準図形で簡単にデータ作成でき、自動ネスティング,自動シーケンスで簡単にNCデータを作成出来るシグマテック社のCAMアプリケーション「SNコンパニオン」をオプション提供している。
この他、同社ではドイツの開先加工専門メーカー・GERIMA社製の手動面取り機「ハンドベベラー・SMAシリーズ」も1年前より輸入販売し、注目を集めている。「SMAシリーズ」は、国内製の開先加工機では難しいC面取り=1~15㎜、R面取り=2~8㎜の高精度開先加工を可能にするなど、加工品質の向上、作業の効率化に貢献する手動面取り機であり、同社では機器の貸し出しも行い、多くの反響の声を得ている。