切断機など金属加工に最適な製品を提供する【株式会社アイテール】コラム
コラム

開先加工機の活躍シーンや購入の流れ 平板・パイプの開先加工はハンド?

開先加工機には、手動・自動の他、ハンドタイプから大型までさまざまな種類があります。また、H型鋼材やL字鋼材、丸形パイプ、平型鋼材など、幅広い材質に使えますが、材質に合わせてどのタイプの開先加工機を選べば良いのか迷うかもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、材質に応じて活躍する開先加工機を見てみましょう。また、購入までの流れもご紹介しますので、開先加工機の導入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

平板・パイプの開先加工はハンドタイプOR大型?開先加工機が活躍するシーン

並んだ鉄骨

開先加工機には、大きく分けて設置して使用する大型の開先加工機、手に持って使用するハンドタイプの2種類があります。

ステンレスやアルミをはじめ、H型鋼材、L字鋼材、丸形パイプ、平板鋼材など多くの材質に使えます。

丸形パイプ鋼材の面取り

丸形のパイプ鋼材では、使用場所に設置する大型の開先加工機を使うのが一般的です。

パイプであるワークを加工機にセットし、パイプ断面の面取りを行います。ワークは加工機に固定し、動かないようにセットしてから行うようにしましょう。

大型鋼材

平板の大型鋼材では、大型の開先加工機、もしくはハンドタイプのどちらでも開先加工が可能です。

どちらを使うかは、加工場所の環境や技術者のスキルによっても変わります。平板にかかわらずですが、自動を希望する場合は大型開先加工機を使うことがおすすめです。

複雑な形状の面取り

H型鋼材やL型鋼材といった複雑な面取りは、ハンドタイプが向いています。ハンドタイプは小型で軽量のものが多いため、操作がしやすいからです。また、エアー駆動タイプと電気駆動タイプがありますので、目的や用途に合わせて選びましょう。

最近は、クランプユニットを装備し、自動走行で面取りできるハンドタイプの加工機もあります。一度剛材に加工機をセットすれば、自動走行で面取りしてくれるので、作業効率が上がり、加工時間の短縮にもつながります。

開先加工機の購入の流れ

パソコンの上に乗ったスマートフォン
  1. お問い合わせ

    まずは、どのような開先加工機が必要なのか、お問い合わせにて詳細をご相談ください。

  2. ご提案

    お客様検討の開先加工機の使用用途や目的、設置環境などを考慮し、条件にあう製品をご提案します。

  3. デモンストレーション

    希望のお客様には、開先加工機のデモンストレーション、実機見学が可能です。加工機のレンタルも受け付けており、お客様が実際に鋼材を加工してテストしていただくこともできます。ぜひご相談ください。

  4. お見積もり

    提案した加工機を気に入っていただければ、お見積もりの段階に移行します。オプションが必要な場合は、オプション込みのお見積もり金額をお伝えします。

  5. 支払いと納品

    見積もり金額に納得していただければ、代金の請求書を送付いたします。金額・お支払い方法などがご案内されていますので、ご案内に従ってのお支払いをお願いします。お支払い確認後、製品を納品します。

  6. アフター対応

    購入後のアフターサポートもいたします。「購入した加工機が動かなくなった」、「使い方がわからない」といったご相談があれば、遠慮なくお申し出ください。

開先加工機の導入や新調をお考えなら株式会社アイテールへご相談を

開先加工機は、鋼材を溶接するときに使います。大型開先加工機とハンドタイプの加工機があり、どの材質の面取りをするか、どんな環境で作業を行うかで選ぶタイプが変わります。

株式会社アイテールでは、大型開先加工機やハンドタイプ、手動や自動など、さまざまな開先をご用意しています。開先加工機の導入や新調をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

開先加工機の導入をお考えの方は株式会社アイテールまで!

会社名 株式会社アイテール
住所 〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目17−5 スチュディオ新大阪839号
電話番号 06-6195-4755
FAX番号 06-6195-4766
メールアドレス info@is-tail.com
URL http://www.is-tail.com/
Copyright(c) 1999 Is-tail Co.,Ltd. All Rights Reserved.